【進研ゼミ小学講座】退会の電話をしたら、思いがけずこんなことに!

長男が保育園の時の『こどもちゃれんじ』から始まって、3人とも退会しては再入会をくり返し、現在は4年生と6年生が進研ゼミ受講中です。

長男の時はムリヤリにでもさせていましたが、子育てももう12年目。

そんなことに意味がないことは痛感しております。

なので、『やりたい』というならさせるし、やらなければ退会することに。

そのほうが親も楽だし、『どうせやらないでしょ!!』と一蹴するよりも、もしかしたら何かの才能が開花するかもしれないですしね!!

今回は4月から始めた4年生の次男ですが、全然やらないので退会することにしました。

(お金がもったいない!)

宿題を教えるのにも役立ってたんですけどね~

4年生の次男が宿題をしていましたが、1問目からわからないそうです。どれ、どれ。なるほど難しいじゃないか。195の中に24が何回入るか?なんて、アバウトすぎて見当もつかないでしょうね (ノ△・。)そこで登場しました。やっててよかった『進研ゼミ』。ちょっと見にくいですが、4年生の10月号。算数のメインレッスンは1.わり算(...
スポンサーリンク




進研ゼミに退会の電話をかけたらこうなりました!

電話でしか退会できないので、面倒だけど電話します。

>>>退会するときの電話はコチラから

はじめは音声で、音声の指示通りに番号を入力して待たされます。

・・・いつも電話が混み合ってます。

3分以上待たされたと思いますが、これは作戦でしょうか?

この待ち時間でイラっとして電話を切る

 

電話するのを忘れて次号から退会できる締め切りを過ぎる

 

次号分もお金がかかる

きっとそうですね。まったくイヤになります。

そんな作戦にのらずに待った私は、なんとかオペレーターにつながりました。

私 『退会したいんですけど』

オペ『さようでございますか。では確認を・・・』

私 『名前、生年月日、などなど』

・(無事に確認が取れました)

オペ『実は、この時期に退会される方が多くいらっしゃいまして・・・ですが、みなさん12月分まで受講されておやめになられます~』

私 『そうなんですか?なんで?』

オペ『というのは、12月号では来年度の理科の実験がタブレットでみられるようになってございます。ご自宅で何度も実験を見られることで、お子様の理解度もグッと高まりますよ~』

的なことらしいです。

なるほど、授業の理解度に不安のある息子をもつ親の心理をよく理解してらっしゃる。

これが算数とか国語のことなら響かないのです。どうせやらないし。

理科というのがミソですね。理科ならうちの子も好きなんですよ。

勉強感がないんでしょうかね~

私 『あ~そうなんですね~。じゃあ・・・そうしようかな~(我ながらチョロい)』

オペ『それでは、12月分まで受講で、その後は退会という手続きをしておきますね!』

こうして、まんまと12月分までお金を支払うことになったわけです。

『また辞めたくなったら電話ください』と言われなかっただけ良心的ですかね。

ちなみに宿題よりは楽しいので、言えばやるんですよ。

宿題よりもこっちを優先させようかと思ってるくらいです。

どうせ宿題やらないし(^-^)

ま、そんなこんなでがんばって少しでもやってもらおうと思います!





スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする