子どもとのおうち遊びの悩みを解消!一緒に楽しんでイライラも解消する方法

3歳の男の子と1歳の女の子を育てる専業主婦です。

 

今年度から上の子が幼稚園に入園し、

毎日の生活がだいぶ楽になりました。

 

幼稚園に入るまでは、

“今日は何をして過ごそう”

“どこへ連れて行こうかな”

そんなことばかりを考えていました。

 

日中は、公園や子育てひろばなどに

連れて行くママが多いと思います。

 

ですが、天気が悪かったり、

体調がすぐれなかったりなど、

どうしても家で過ごさなければいけない日も

ありますよね。

 

一日家にいると、イライラしてしまうという話を

よく聞きます。私もそうでした(笑)

 

ですが、だんだんと、

家で子どもと楽しく過ごす術を身に着けて

きています。

 

 

家で子どもと楽しく遊ぶためのコツと、

ママも子どもも楽しむことができる

おうち遊びを紹介します。

※おおむね2歳半以降の子を想定して書いています。

スポンサーリンク

子育てでイライラしない方法① 時間にメリハリをつける

そもそもどうして一日家にいると、

イライラするのでしょうか。

 

理由はたくさんあると思いますが、私の場合は、

“家事をやりたいのに

「遊んで遊んで」と言ってきて進まない”

でした。

 

公園だと自由に遊んでくれるのに、

家にいると全然一人で遊んでくれず、

ずっと相手をしなければいけないのが大変でした。

 

 

私がこの“遊んで遊んで星人”のイライラを

どのように乗り越えたかと言うと、

一緒に遊ぶ時間と家事の時間を完全に分けて

メリハリをつける

ということを実践しました。

 

これだけです。

 

 

遊びの合間に家事をちょこちょこやると、

なかなか進まずイライラしてしまいます。

 

公園や子育てひろばでは家事はしませんよね?

家でも、一緒に遊んでいる間は

家事をまったくしないほうが楽です。

 

だいたい30分から1時間くらい一緒に遊んだら、

家事タイムに移ります。

 

ただその時、すんなり家事をやらせてくれれば

良いのですが、「もっと遊びたい」と言われる

ことのほうが断然多いです。

 

そんなときのポイントは、

遊びを自分で選ばせることです。

 

例えば、

「ママが家事をしている間プラレールか、

お絵描きか、積み木で遊んで待っていて。

どれが良いかな?」と聞いてあげます。

 

自分で選ぶため、一方的に

「積み木で遊んでいて」と言われるよりも、

受け入れてくれやすくなります。

 

飽きやすい子には、選択肢を多くして

二つか三つ選ばせておくのもおすすめです。

 

子育てでイライラしない方法② 一緒に楽しめる遊びをする

おもちゃのかくれんぼ

子どもの好きなおもちゃを使ってかくれんぼ

をします。

 

我が家では、プラレールトーマスを何個か

使って遊んでいます。

 

子どもに目をつむってもらうか別室に行って

もらい、その間にママはおもちゃを

好きなところに隠します。

それを子どもに探してもらいます。

 

子どもに隠してもらっても楽しいですよ。

(でも子どもってすぐに答えを教えてくれちゃう

んです。)

 

お買いものごっこ

子どもにビニール袋やエコバックを持たせ、

部屋の中にあるものを持ってきてもらいます。

 

最初は一つだけ、次は二つ、三つ・・・

と増やしていくと、

脳のトレーニングにもなりますよね。

 

お人形を並べておいて、

「うさぎちゃんにティッシュを届けてあげて」

などとお届けごっこにアレンジをしても

楽しいです。

 

子どもはお手伝いのようなことが大好きなので、

盛り上がること間違いなしです。

 

箱の中身はなんでしょう?

段ボールに穴を開けて、手が入るように

しておきます。その箱の中におもちゃや

家にあるいろいろな物を入れて、

何が入っているかを当ててもらいます

 

楽しいだけでなく、想像力が養われるので

とってもおすすめです。

 

我が家では野菜を入れたりしていますよ(笑)

 

お風呂でシャボン玉

お風呂でシャボン玉ってやったことありますか?

湿度が高いので割れにくいし、外と違って

風もないので大きいのも作れます

 

ずっとお部屋にいて少し疲れてきたときなど、

お風呂に移動するだけでも、

結構気分が変わりますよね。

 

また、お風呂でシャボン玉は、

お風呂に入りたがらない子どもにも

おすすめです。

 

まとめ

子どもと一日家で遊ぶのって、結構大変ですよね。

外に連れて行く方がずっと楽だと思います。

 

ですが、家でもママの工夫次第で、ママも

子どもも楽しむ方法がたくさんあります。

 

ここに書いたことはほんの一例です。

子どもと一緒に楽しい遊び方を

たくさん見つけていってくださいね。

 

よかったら、他の記事もごらんください(*^-^)

子育てのこと
「子育てのこと」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました