子育てで辛い時期、解決策は夫との話し合いだった!

こんにちは、はじめまして。

 

現在、

3歳のお兄ちゃんと1歳半の妹ちゃん。

年子の兄妹を育てています。

 

みなさんは、

子育てが辛いと思った時期ってありますか?

 

私の場合は、2人目の産後でした。

 

新生児のお世話で毎日寝不足。

そして、動きたいさかりの

1歳児のお世話。

 

夫の2人目育児の認識の甘さに

イライラが止まらない。…

 

体力、メンタル共にボロボロでした。

 

今回は 我が家の

2人目産後の辛かった時期の様子と

子育てが辛い時期のストレス発散方法を

ご紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

予想以上に辛い2人目育児

自分自身が年子であり、

双子のように姉妹仲良く育った私は

年子育児に憧れていました。

 

息子にも、

年の近いきょうだいをつくってあげたい。

 

夫も、私と同じく年子のきょうだいがいたため

年子計画にはすぐに賛同してくれました。

 

 

そして待望の妊娠。出産。

ちびっ子ふたりでどんなふうに

遊ぶんだろう?

 

お兄ちゃんとしての成長が

楽しみだなあ。

と、期待に胸をふくらませていました。

 

そこから始まる毎日が

こんなに大変で辛いとは…。

 

私は2人目育児をあまく見ていました。

 

2ヶ月目で豹変!暗闇に響きわたる2人の泣き声

新生児期の妹ちゃんはとにかくよく寝る子でした。

電気を消すとひとりで勝手に寝るほどで

私も夫も、「なんて親孝行な娘なんだ!」と

親バカ全開で喜んでいました。

 

 

でもそんな平和な日々は

あっという間に終わりを迎えます。

 

それから2ヶ月ほど経ったある晩、

妹ちゃんの夜泣きが始まったのです。

 

新生児の頃は、部屋を暗くするだけで

すんなり寝てくれていた妹ちゃんが

全く寝付かなくなりました。

 

それどころか 部屋の電気を消すと

火をつけたかのようにギャン泣き!

 

そして、それに驚いて

寝かけていた上の子もギャン泣き!

 

「だっこー!だっこー!号泣」

足にしがみついて離しません。

 

寝室はふたりの泣き声で阿鼻叫喚。

早く寝たいのに…

私も泣きそうでした。笑

 

 

夫の帰宅は夜遅く、

寝かしつけはいつも私1人で

しなければなりませんでした。

 

結局、私は抱っこ紐を2つ用意し、

前に妹ちゃん、後ろにお兄ちゃんを

ダブル抱っこで寝室を練り歩く作戦

したのです。

 

結果、これがいけなかったのですが。笑

 

ものの数日で

私の腰が限界を迎えました

 

 

抱っこも出来なくなった私は

添い乳の寝かしつけを始めました。

 

添い乳をしながら、後ろ手に

背中にくっついたお兄ちゃんを

トントンして寝かしつけました。

 

授乳やめると妹ちゃんが起きて

また阿鼻叫喚タイムが始まるので、

一晩中 添い乳していました。

 

こうして寝かしつけに悪戦苦闘し、

やっと寝てからも夜泣きに悩まされ、

体もメンタルも限界に達してしまっていました。

 

夫の発した軽いひとことにイライラ

2人目が生まれて早々、

育児に疲れきってしまった私。

 

ある日、仕事を終えて帰宅した夫に

涙ながらに訴えました。

 

育児が辛い!休みたい!

 

それに対して夫が言った言葉は、

「もっと育児を楽しむ姿勢を持ちなよ」

でした。

 

それは子育てにとっては必要なことかもしれません。

 

でも今は無理!!!!!

どう考えても無理でしょ!!!!!笑

 

オムツ替えだけで日に20回以上、

頻繁な授乳、上の子の遊び相手、

くわえて炊事、洗濯、家事、掃除。

 

夫が嫌がったので宅配サービスや

ヘルパーさん、実母にすら頼めず、

座る暇もなく、寝る暇もなく…

 

こんな状態で育児楽しむ余裕なんかあるか!

鬼か!!!!!

 

夫はそんな気はなかったと思います。

むしろ私のためを思っての言動だったと信じたい。

 

ですが当時の私には本当にショックでした。

 

私に足りなかったのは夫との話し合い

普段仕事をしている夫は、

私の状態に気づいていませんでした。

 

お互い違う人間なのだから

それは仕方のないことかもしれません。

 

私に欠けていたのは

夫との話し合いだったと思います。

 

もっとこうしてほしい!とか

これをやってほしい!といった

具体的な事を言えば

夫にもわかりやすかったのかもしれません。

 

あれから1年経って…

本当に大変だったのですが、

今では子供同士で仲良く遊ぶ姿が微笑ましく、

年子で産んでよかった!!と心から思っています。

 

辛かった時期も

気がつけばあっという間に

過ぎ去ってしまいました。

 

小さくて可愛いふたりを

もっともっと抱っこして

いたかったなあ、

なんて思うほどです。

 

 

子育ての辛い時期はあっという間に終わります。

夫婦でとことん話し合って乗り越えてください

 

この記事を読んでくれた方に、

少しでも参考になればと思います。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

子育てのこと
「子育てのこと」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました