子育てが辛い時は、誰かに相談してみよう!

夢にまでみた出産、子育て。

でも、子育ては楽しいことばかりではありません。

 

時には辛いこともたくさんありますが、

誰に相談していいかわからないと悩んでいる方も

きっと多いのではないでしょうか。

 

実際私もそうでした。

妊娠中は育児雑誌を読みまくり、子育てライフに胸をワクワクさせていた日々。

 

生まれてきた娘はもちろんかわいいのですが、

子育てを辛いと思う日が来るとは思っていませんでした。

 

普段協力的な夫も、当然24時間そばにいてくれるわけではありません。

誰にも相談できずにひとりで悩みを抱え込んでしまったことも……。

 

今回は、子育てが辛く、誰に相談していいかわからない場合についてまとめました。

スポンサーリンク

子育ての辛さは誰もが通る道


今だからいえることですが、

子育てが辛いという悩みは誰もがぶつかる壁だということ。

 

特に第一子、初めての子育ては毎日が必死。

全て初めての経験で、正解が見えないから余計辛いのです。

 

学校のテストの回答のように正しい答えがあるのなら

問を解くために進むことができるのですが、

子育てには正解がないので余計辛い気持ちになるのだと思います。

 

そんな時は一人で子育ての辛さを抱え込まず、誰かに相談しましょう!

 

子育てが辛いという悩み、誰に相談したら良い?

子育て中の辛い気持ち。誰に相談したら良いのでしょうか?

・自分のお母さんに相談する

子育ての悩みは、まずは子育ての大先輩である

自分のお母さんに相談してみましょう。

 

娘である自分を、生み、育ててくれたお母さんは

娘の性格を知っているので、より的確なアドバイスをもらえるでしょう。

 

ただし親子は存在が近すぎるので、相談からケンカに発展する場合も。

実は、私の場合がこのパターンでした。

親子だとつい、甘えが出てきてしまうのかもしれません。

 

お母さんに相談する場合はなんでも話すのではなく、

相談内容を吟味する方が良いかもしれませんね。

・子育て中の友人に相談する

同じ月齢の子どもを持つ友人が近くにいれば、友人に相談してみましょう。

同じ子育て中の身、辛いという悩みを共有することができます。

 

ただしお互いが子育てに悩んでいる場合は、

辛い気持ちの共感だけで相談の解決に至らない場合も。

 

それでも子育ての辛さを共感しあえるのは、とても心強いものです。

友人と助け合い、共感しあいながら互いに子育てしていく関係がベストですね。

・専門家に相談する

子育てが辛いと本気で悩んでいる場合は、

児童相談センターやカウンセラーなどの専門家に相談することをおすすめします。

 

身内や友人だと関係が近すぎて

相談する内容が限られてしまうこともありますが、

子育ての専門家に話をしっかり聞いてもらえるというのは、

それだけで安心感がありますよね。

 

ただし専門家に相談する場合は、

子育ての辛さや現在の状況を初めから説明する必要があります。

 

専門家への相談は少しハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、

本当に辛いと思った時はプロの手を借りることも必要です。

 

・ネットやSNSで相談する

数十年前では考えられなかったことですが、

今ではスマホひとつでネットやSNSで子育ての辛い気持ちを相談できるので、

とても便利になりました。

 

匿名掲示板やネット上では全く接点がない他人同士、

お互い顔も知らない相手の方が、

かえって子育ての悩みを相談できることもあるかもしれませんね。

 

ただし文章だけでは本意が伝わらず、

ニュアンスの違いで誤解を招き、トラブルになるケースも。

とても便利なネットやSNSですが、使い方には十分注意が必要でしょう。

 

子育てが辛いと悩む方へのアドバイス!

ここからはささやかですが私からのアドバイスです。

どなたかの助けになればとても嬉しく思います。

まわりと比べない

これは10年前の自分に伝えたいのですが、

子育ては「まわりと比べない」に尽きると思います。

 

子育てが辛くて悩んでいる時は、つい他人と比較してしまいがち。

SNSに上がっているキラキラ輝いたママの投稿を見て、

何度うらやましいと思ったことか……。

 

時には相手に対し卑屈な気持ちになってしまい、

自分が嫌いになることもありました。

 

ですが、人と比較することで自分のダメなところばかり

目についてしまいます。

 

でも、子育て中はまわりと比べない!!

 

ぜひ心のどこかに留めていただけると嬉しいです。

おわりに

子育てはひとりではできません。

同じように子育ての悩みもひとりでは解決しないものです。

 

辛い気持ちは抱え込まずに、誰かに助けを求めましょう。

 

「話す」は「離す」や「放す」にも通じているとよくいわれています。

 

子育ての辛い気持ちを誰かに相談することは

時には勇気が必要なこともありますが、

言葉にすることで辛い思いや悩みを「離す」

そして「放す」ことにつながるのです。

 

子育てはマイペースで。

 

あなたらしい解決方法が見つかることを心から祈っています!

タイトルとURLをコピーしました