年賀状っていつまでだせるの?寒中見舞いはいつから??

 

毎日があっという間に過ぎてしまうので、

1年も速いだろうなぁ~って

思っているうちに、今年も後半(―_―)!!

 

今年は年号が変わったり、消費税があがったりと

変化の年ではないでしょうか。

 

今年も後半ということは、

気になる事の1つとして、年賀状ですね。

 

新年の挨拶は、もはやSNSが主体となってきて

いますが、大事な場面では必要になることも

あるかと思います。

 

 

1年に1度しかない年始のあいさつなので、

「あれ、どうだったかな(+_+)」

となってしまいがち。

 

おさらいの気持ちで読んでいただけたらと

思います(*^_^*)

スポンサーリンク

年賀状はいつまで?年明けはいつまで出せる?

郵便局のCMで、

「年賀状は25日までにポストにいれてね♪」

とタレントさんが言っていますが、

 

年賀状が、確実に元日に届く期間は、

12月15日~12月25日なんです!

 

 

早めにポストに入れればいいのね♪

ということでもなく、

12月14日までに出してしまうと、

普通郵便として相手方に届いてしまうので、

気をつけてくださいね。

 

また、12月15日からは

ポストに“年賀状”と張り紙してくれるので、

張り紙が張られるようになったら

ポストに出すといいですね(*^_^*)

 

 

26日以降にポストに入れても

元日に届けてくれたりもしますが、

郵便局での仕分けや、配達人員不足の場合

確実に配達できるとは限らないです。

 

寒いなか、郵便配達員さんが

頑張ってくれていますもんね(+_+)

ほんとにありがたいことです!

 

元日に配達してもらうのが望ましいですが、

なかなか準備ができず、ポストに出すのが

遅くなってしまった場合、

“松の内”に届くといいそうです。

 

『松の内』とは?

松の内(まつのうち)ってなんだ(+o+)??

って、あたしも思いました(-“-)

 

“松の内”とは・・

玄関前に門松がかざられる時期

なんだそうです。

 

最近は、あまり門松も見なくなりましたよね。

 

この“松の内”、

関西と関東、また地域それぞれで

違うみたいです。

 

関東では、1月7日まで。

関西では、1月15日まで。

 

新年を迎え、門松をかざっておける

期間が違うそうです。

 

年賀状が届くのも、松の内まで。

 

新年の挨拶なので、元日の朝に

是非とも相手に読んでもらいたいですね。

 

遅くなっても“松の内”まではよいとの事ですが、

相手に失礼にもなるので、1月3日までには

相手方の手元に届くほうがよいと思われます♪

 

寒中見舞いはいつからいつまで??

“松の内”の期間をこえるのであれば

寒中見舞いになります。

 

元日に年賀状をいただき、

すぐに年賀状を準備できればいいですが、

遅くなってしまう場合は、

寒中見舞いとして準備したほうがよいですね。

 

 

寒中見舞いっていつまで出せる?

年賀状が松の内までなのと同じく、

寒中見舞いにも期間があります。

 

名前のとおり、

寒い時期の挨拶なので、立春まで。

 

関東では、

1月8日~2月4日までとなります。

 

寒中見舞いは、

年賀状が遅くなってしまったから

送るだけのはがきではないです。

 

身内に不幸があると喪中(もちゅう)はがきを

送り、喪中であることを知らせるのですが、

喪中の方にも、寒中見舞いを送ることができます。

 

喪中はがきが届きましたら

返事をしないのではなく、

寒中見舞いの準備をしてくださいね。

 

寒中見舞いを印刷する時の値段

郵便局では寒中見舞いと記入されているものは

無いので、普通のはがきに手書きか、

デザインを注文して受け取るかになります。

 

郵便局でデザイン注文だといろいろ選べるのですが、

1番安くて1~20枚 2,350円と、ちょっとお高め(-_-)

 

 

コンビニ、スーパー、100均などには、

デザインありのものが置いてありますので、

必要な時には探してみてくださいね。

 

まとめ

新年の挨拶は、SNSですることが

多いかもしれません。

 

はがきを書くという機会が少なくなっています

が、相手の顔を思いうかべながら

お手紙を書く気持ちで準備してみるのも

よいかと思います(*^_^*)

 

こちらの記事もごらんください~

年賀状っていつまで出せるの?間違いやすい年賀状マナーと豆知識!!
近年、SNSなどが進化して年賀状という昔ながらの挨拶が少なくなってきています。 “今年はどうしようかな〜”なんて悩んでいるうちに・・気づいたら大みそか!! また、自分から出していなくても元旦を迎えてみると、年賀状...
タイトルとURLをコピーしました