エアコンから水漏れ!放置しようとしたけど直ったよ(o゚▽゚)

3日ほど前から、エアコンから水がしたたってます。

できることはやってみたけれど直らず(逆にひどくなり)、もう放置してます。

夫は『掃除した?』って聞いてくるのみ(なんかやってくれよ。掃除はしてないよ。)。

スポンサーリンク




我が家のエアコン水漏れ状況

ちょっと小汚くて申し訳ないです・・。壁の落書きはこどもたちの過去の芸術作品。

昨日は温度を27度くらいにしていたので水滴も多少は少なかったです。

25度でパワフルとかにすると3カ所からポタポタ絶え間なく落ちてきます(^_^;

洗面器では一晩もちません。

設定温度が低すぎる場合、水滴がもれる場合もあるそうです。

現状はこう。

しかも、この部屋は家族全員で寝てる寝室。狭い我が家には逃げ場なんてないんです。

エアコンの水漏れに対して、自分でやったこと。

エアコンフィルターや届くところの掃除

めんどくさがりでおなじみの私なので、エアコンの掃除なんてしてません。

年に1~2回(もしてるかな?)エアコンが効かないと感じた時に、フィルターを掃除機で吸うくらいで。

なので、

  1. 目一杯詰まっていたフィルターのホコリを吸い取る
  2. 送風口からタオルをまいた割り箸(あの有名な松居棒もどき)を突っ込んで、ファンにこびりついたホコリをこすり落とす

をしました。いや、ファンのホコリはあんまり取れてませんけど。

ファンをこすった後にエアコンを作動させると、ホコリがブア~と舞いますのでご注意ください

結果は ・・・変化なし(´д`)

原因の8割はドレンホースの詰まり!掃除機で吸ってみよう!


はい。エアコンから水が漏れる原因の8割は、ドレンホースにあるそうです。

壁から外に出てる細い管ですね。

そういえば数年前から、冬になるとエアコンからカリカリ音がしてました。もしかすると虫が入って死んでるのかも・・・。

ということで、外に掃除機を持って行ってホースの先から吸ってみました。

掃除機の中に水が入らないように、ホースとの間にタオルを挟みました。

するとどうでしょう。虫の死骸が一匹分・・・やっぱりか!!

結果は・・変化なし(´д`)

水漏れはエアコンの傾きが原因かも!

とうことで、エアコンを斜めにしたりしてみました。

なるほど、左側からしたたるってことは、左が少し低くなってるってことか!!

結果は・・・変化なし(´д`) というか、余計悪い。ボタボタ~っと左右から落ちてきました。

そうだ、放置しよう。(と思ったけど直ったよ)

もうどうやっても直らないし、もうすぐ涼しくなるだろうし、来年の夏には引っ越ししてるからもういいか。バケツで対処しとこう。

あれ、でもこのままにしておくとマズイかな~電気通ってるし。

ということで、調べて見ました。

  • エアコンの故障の原因になる
  • 壁が腐る(壁の内部が腐ってしまう場合もあり)
  • フローリングが腐る
  • 壁紙がはがれる
  • エアコン内部の機械の部分が濡れると火災の原因にも!

火災はまずいですね~。壁や床が腐ってしまうのも困ります。

これはやっぱりなんとかしないと・・

仕事から帰って飲みに行くという夫をつかまえて、外のドレンホースを覆っているカバーを外してもらうことに成功。力業でガタガタ外したので、ドレンホースの先が外れてしまいました!

こうなりました。

いちばん右の黒いのがドレンホースの元です。

壁から30センチほど出ているだけになったので、太めの針金を突っ込んでみたけど何も起こらず。ホースを突き破るのも怖いので、もういちど掃除機で吸ってみることに。

ただ位置が身長より高いので、とてもやりづらかったです。

脚立をもってきて立てかけ、掃除機の先を外し(別パーツの細いのをつけます)ドレンホースの先に薄いタオルをかぶせます(水が掃除機に入らないように)。

後は、掃除機とホースが直接つかないけど、空気がもれないように手でしっかり掴んでスイッチオン!!

するとあっという間に水がブワッと吹き出してきました!汚い・・。

もう少し近かったら、全身にかぶるところでした。

これで、室内の水漏れも止まりましたよ!!!!

がんばってよかった~

今考えたら、すでにドレンホースの先が外れていたから、掃除機で吸っても効果がなかったのかもしれないです。

なので、水漏れがあったらとりあえずドレンホースを掃除機で吸ってみる!!!これがいちばんかもしれません(^-^)

おわりに

いや~急にきた災難でした。4日間くらい水漏れしてたけど、見た感じでは壁も床も大丈夫です。(バケツは置いてましたけど。)

なんとか自力でなおせて良かった~

修理代モッタイナイですもんね!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする