大谷翔平|海外の反応をひっくり返したホームラン

6月26日、アナハイムでエンゼルス対レッズ戦が行われ、

「3番・DH」で出場した大谷選手は、3打数3安打1盗塁と活躍し、

またまた話題をさらいました。

 

昨年10月1日に右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けてから、

初めてブルペンでの投球練習を行い、43球を投げたことが試合中に放送されると、

“来年はいよいよ投手大谷が見られるのか!!”

と期待に胸膨らませるファンも多かったことでしょう。

 

スポンサーリンク

大谷翔平|海外の反応をひっくり返したホームラン

大谷本人は“世界一のプレーヤーになりたい”といって

二刀流をメジャーでも続けるつもりでエンゼルスと契約しています。

 

しかし当初、アメリカメディアは

「二刀流は日本だから通じたが、メジャーでは通用しない」

「MLBを甘く見ている」など見下していました。

 

それもそのはずです。

オープン戦の結果が散々だった大谷選手。

開幕を迎えるにあたり相当悩んでいたようですね。

 

しかし、ノーステップ打法で、打撃フォームを改造して、

開幕してから3試合連続ホームランをかっ飛ばしました。

これで、大谷人気に火が付きまいた。

後は皆さんがご存知の通りの活躍です。

 

海外メディアをも魅了!大谷翔平の日本人らしい魅力

大谷選手は、昨年のア・リーグ新人王を受賞しました。

・投手部門⇒10試合に先発

4勝2敗、防御率3.31、

・打者部門⇒104試合に出場

打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁

 

一躍アメリカメディアを手のひら返しにした大谷選手。

「エンゼルスは日本から天使を連れてきた」

「投手としても野手としても10年に1人の才能」

 

大谷選手はこれまでもプレーだけでなく、

礼儀正しい、謙虚な態度は数々のファンを獲得してきました。

 

大谷翔平|年俸が安いのも意思の表れ

f:id:satoka03:20190717171843j:plain

参照:ウィキペディア

アメリカのファンは選手がどれだけ球団から

お金をもらっているか、いつまでも覚えています。

ですから、それに見合う活躍ができないとブーイング

になるわけです。

 

選手はよく「カネの問題じゃない」といいますが、

結局、契約金を吊り上げるのは代理人で、

その人の言うことを聞いいる選手が多いのも事実です。

 

25歳までの契約の上限が決まっているので、

大谷の場合、あと2年日本でプレーして契約金を釣り上げれば

100億くらいの契約が結べるのに、

それをけって23歳でメジャー契約しました。

 

2億6000万円の安い契約にMLBファンからも

熱い視線が注がれているのですね。

 

一流選手は成績だけではない

そんなところが大谷選手の魅力なのかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました