不満解消!マンションの大規模修繕工事であなたの想いをかたちに

大規模修繕工事は、分譲マンションに住んでいる限り必ず訪れます。

周期はマンション毎に異なり、費用はその都度大きく変わります。

 

この大規模修繕工事は、実際、13~16年周期で行われることが多く、およそ8割のマンションで1回の大規模修繕工事に1000万円以上かかっているようですよ。

 

そんな定期的に実施されるリニューアル工事は、女性ならではの想いをかたちにする絶好のチャンスです!

 

もっと、ずっと豊かな気持ちで暮らしていくために、管理組合側に意見を述べて、生まれ変わらせてみませんか?お住まいのマンションはあなたのものでもあるのですから!

スポンサーリンク

知らなきゃダメ!工事の目的とタイミング

f:id:satoka03:20190707013827j:plain

いつでも安心・安全・快適なマンションライフを送るため、また、マンションの資産価値を維持するためには、大規模修繕工事の計画的な実施は欠かすことはできません。

 

この工事は、法令改正への対応やマンションの施設・設備が長持ちするような機能の更新だけに焦点が絞られがちです。

 

しかし、このタイミングで快適性の向上を計画にプラスすることで、お住まいのマンションはもっと魅力的に生まれ変わります。

 

大規模修繕工事後に、

エントランスの床タイルを張り替えるならデザインも変えてほしかった!

省エネで雰囲気のあるLED照明にしてほしかったのに!

といった後悔をしないよう、日頃感じている想いを工事に反映してみましょう。

 

そのために、ぜひとも、工事の目的とタイミングは知っておきたいですね。

マンションを魅力的にかえる!あなたのアイデア

f:id:satoka03:20190707013512j:plain

工事は、管理組合などが中心となるわけですが、マンションをより良くするアイデアを出す権利は、マンションを購入している方一人ひとりが持っています。

 

お住まいのマンションに新たな付加価値を生み出すきっかけは、マンションに対する、女性ならではの視点やアイデアかもしれません。

 

例えば、

・ゴミ置き場のリニューアルやプレイロットの改修

いつもギュウギュウで美観を損ねている駐輪場をなんとかしたいわ

バルコニーの床をタイル調のシートにできたら素敵よね、

インターホンは、カメラ付きの方が安心できる

廊下の照明は、蛍光灯ではなく暖かな色のLEDにしたいな、

郵便ポストは、宅配ボックスと一体型のものにしたら便利

 

などなど、男性では見落としがちな改善ポイントに気づけます。

まとめ

いかがでしょうか?

 

大規模修繕工事のタイミングは思いのほか頻繁に訪れますので、その機会に、あなたの想いをマンション住民の総意に反映していけたならいいですね。

タイトルとURLをコピーしました