ガソリンのセルフ給油中、満タンになる前にすぐ止まるのは何故?

セルフサービスのガソリンスタンド、利用したことのある方は多いと思います。

 

給油中、まだ満タンになっていない、設定した量に達していないのに、勝手に止まったことはありませんか?給油する際に、満タンになっていないのに勝手に止まるのはなぜでしょうか?

 

「満タンにしてほしいのにと途中で止まった」
「入らない」

「溢れたから機械の故障だ。弁償しろ」

と、店員に食ってかかる人もいるとか・・・。

 

ガソリンスタンで給油の際、位途中で止まった場合の対策と、その原因についてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

ガソリンを給油する際に自動停止する仕組み

セルフのガソリンスタンで給油しているときに、

満タンになる前、ストップしてしまうために、不満になる場合が結構ありますね。

これは吹きこぼれ防止の“オートストップ”がかかってしまうためです。

 

給油ノズルの先端には、燃料を吐き出す部分とは別に空気を取り込む穴が開いています。

この穴に燃料がかかってしまい、給油機が満タンになったと判断して、自動で燃料をストップするという仕組みだからです。

 

ガソリンスタンドの機械によっては、オートストップのセンサーが、過剰な物もあるようですね。

燃料は、特に軽油は泡立ちやすいため、その泡をセンサーが感知してしまうのです。

 

また、昔のようにトランク付近に、燃料タンクがあるわけではなく、現代は、複雑なパイプレイアウトになっていることも要因にあげられます。

 

車によってそれぞれ違うために、「空気が抜けにくい」「燃料が跳ね返りやすい」などのレイアウトになってしまうのです。

 

ガソリンを溢れさせずに給油する方法|継ぎ足し給油はNG

上手く給油するための方法としては、給油ノズルを差し込む角度を、少し調整することくらいしかありません。

 

給油ノズルを奥まで入れなかったり、トリガーを浅く握るなどする人もいるようですが、オートストップが作動せず、燃料があふれ出る危険性があリますので、避けるべきです。

 

また、継ぎ足し給油も、オートストップ後にノズルを給油口ギリギリまで調節しながら、給油するために、慣れていない人が行えば、必ずこぼしますから、こちらもNGです。

 

まとめ

ガソリンを給油中に勝手に止まるのは、オートストップがかかるから。

 

ガソリンが溢れるのを避けるには、

  • オートストップ後の給油は、なるべく避ける。
  • あまりにも早く止まったら、角度を変える。

このことを守って、安全に給油することを心がけましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました