プロの洗濯技!うちのやり方って正解?不正解?

スポンサーリンク

洗濯の常識、知っていますか?

自己流になりやすい毎日のお洗濯ですが、

この機会に確認してみましょう!

 

スポンサーリンク

洗濯物はカゴに溜める?直接入れる?

正解は『洗濯カゴに入れる』です!

 

お風呂に入るときに服を脱いで、直接洗濯機に

ポイポイ入れる家庭ありますよね?

 

そうすると、

なんと洗濯槽のカビの原因になってしまいます。

さらに、

洗濯槽のカビが洗濯物に移ってしまうことも!

 

ちなみにわが家は、洗濯カゴに入ってる服を

私が時々洗濯機に移してます。

 

洗濯物のたまったカゴを見たくないのかな・・。

洗濯機に入れて隠してる感じ(笑)

 

これ、すごく人気ですよね。

洗剤の投入は全自動におまかせ?自己流?

洗剤を先に泡立ててから洗濯物をいれると、

効率がよくて、洗浄効果がUPします!

 

全自動の洗濯機なら、

洗剤を入れてスイッチをピッでOKです。

 

が、まず水を勘で適当に溜めて洗剤を入れ、

数回まわします。すると泡立ちますね?

そこに洗濯物をいれて普通に洗濯しましょう。

 

全自動におまかせしてもいいのですが、

泡立ててからの方が、さらに良いということです。

水の量が適当なので、節水の面ではよくないかもしれません。

あと、下に重い物をいれるようにすると、

洗濯槽がバランスよく回るので洗浄効果がUPしますよ♪

 

洗濯後の洗濯機のフタは開けておく?閉める?

洗濯後のフタは、開けておきましょう!

 

洗濯後にフタを、開けておくのと閉めるのとでは、

洗濯機内の湿度が全然違います。

ということで、カビが生えやすくなります。

 

洗濯機の中に子どもが入ってしまう事故もあるので

注意しましょう!

 

しばらく開けておいたら、後は閉めるといいですね♪

 

洗剤の量は表示通り?少し多めに入れる?

洗剤は『表示通りに入れる』のがベストです!

 

多めの方が落ちそうですが、表示通りにいれましょう。

 

理由は、

  • すすぎの時に洗剤が残ってしまう
  • 多くいれても洗浄力はかわらない
  • 洗濯機の故障の原因にも

 

ちなみに、

柔軟剤を多く入れてもよくないらしいですよ!

 

くつしたは表向き?裏返して洗う?

これは、場合によります!

 

ニオイや、皮脂汚れが気になる場合は

裏返して洗いましょう。

 

逆に、子どもの泥汚れや外側の汚れが気になるなら

そのまま洗いましょう。

 

くつ下だけじゃなく、他の服も同じです。

 

プリントがあるTシャツは、裏返して洗う方が

プリントが保護されるのでいいですね。

 

この記事のまとめ

まとめると、

  • 洗濯物はカゴにためる
  • 先に洗剤を泡立ててから洗うと、尚よし
  • 洗濯後はしばらくフタを開けておく
  • 洗剤の量は表示通りに入れる
  • 汚れが気になる面を外側にして洗う

 

わが家は、洗濯機に入ってるまま洗います。

なのでティッシュにやられることもあるし、

クギが出てきたりもします(^_^;

 

気持ちに余裕がある時くらいは、

気をつけてもいいかな~

 

洗濯物のシワにならない干し方は?パンパン?たたく?正しい方法とは。
せっかく洗って乾いた洗濯物にシワがついてること、ありませんか? この記事では、洗濯物のシワを付きにくくするワザを紹介します。 洗濯物がシワにならない干し方ってどうやるの? 誰にでもすぐにできる方法と、ちょっ...
タイトルとURLをコピーしました